フェンサースキル Edit

スキル構成の確認方法 Edit

新スキルのシミュレーターはこちら
http://game-room.info/fezskill/?k=fencer

共通事項 Edit

「フェ」から「笛」と省略されている。
2009年3月30日実装。
2013年11月11日大型アップデートで大幅に仕様変更。

 

フェンサーの特徴 Edit

  • 全クラスの中で最も機動性に優れる。
    移動を絡めたスキルが多数あり、使いこなすと両手ウォリをも上回る機動力となる。
    中でも特徴的なのが「タンブル」であり、一部スキルを撃ったあとに追加入力すると後方に下がることが可能。
    「固い装甲で耐える」のではなく「ひらひら回避する」タイプの近接クラスをやりたい人向けと言える。

  • 連携に向いたスキルと連携に向かないなスキルの差が激しく、他職以上に使い分けが必要
    連携に向かないスキルはPwの燃費が良い反面、多段ヒットなので連携が困難。
    連携に向いたスキルは、威力が高く単発だがPw消費が激しい。

  • 「ルーン」という相手にヒットさせると一定時間の間、強化を受けるスキルがある。
    耐性UP・移動速度UP・Pw回復UP・魔法無効化の4種類があるが、スキルポイントの都合上1〜3種類を取得するのが大半。

  • 上記の「タンブル」による回避力の高さから、ハイリジェよりもハイパワポを併用した方が強いときがある。
    ※回避をしつつ「ルーン」による削り+自己強化の手数が純粋に増えるため。(主に少数時)

  • 対建築能力もあり、対建築+35を付けてハイパワポを併用すると
    セスタス>両手ウォリアー≧フェンサー>大剣ウォリアー>短剣スカウトとなる。
    ※ラピッドファンデヴLv3を取得している場合。

  • 【建築効率】(2016年2月1日時点)
    • .薀團奪疋侫.鵐妊Lv3×2→Pw自然回復
    • ▲螢弌璽好ックLv3×2→通常×1→Pw自然回復
    • ラピッドファンデヴLv2×2→Pw自然回復
    • ぅ妊絅▲襯好肇薀ぅLv3×2→Pw自然回復
    • ゥ螢弌璽好ックLv3×1→通常×2→Pw自然回復

  • ※対建築+35、ハイパワポを併用した場合。
     ↓に関しては建築物に密接した状態でPw自然回復直後に撃たないと次のPw自然回復に間に合わない。
    △亡悗靴討廊 ↓よりも若干難易度が高い。絶え間なく撃ってギリギリ間に合う程度。
    どうしても次のPw自然回復が間に合いそうになければイ鰺蹐瓩襪里よい。
    い呂△醗貶發農泙譴修Δ世、建築物周りに敵が控えている場合。それ以外でも多用する人が多いが、速度重視であれば△鮖箸う。

  • 汎用性が高く一通り何でもできるクラスであるため、僻地での少数戦闘や1対1のタイマンで無類の強さを発揮する。
    一方で主戦においては、常時エンダーベインがないことから積極的に攻めていくにはやや不向き。
    ただし、強制仰け反りや吹き飛ばし(転倒)スキルは充実しているため、守勢からのカウンターを狙っていくのが有効。

  • 万能クラスではあるが、群れた状態の弓スカウトや雷皿による遠距離に弱い一面がある(迂闊に接近できなくなるため)。
    単独の時と集団戦闘時の運用がかなり入れ替わるクラスなので、最低でも戦況把握(チャットやMAPを見て判断する)能力が必要。
    それらを総合すると、フルに性能を発揮したいならば、ある程度基本3クラスを経験していることが望ましい。

  • スキルのPW対効果は悪くないが燃費が悪く皿に匹敵かそれ以上にパワーブレイクによる戦力外転落の被害が大きい
    PWを使い切るとPWリジェネ+3状態であってもファンデヴ1発目及びリバースキック以外のスキルが使えないためである

  • 弾幕MAPや遠距離の撃ち合いが続く所は素直に退いて裏方召喚に協力しよう。いてもHPを消耗するだけである


公式フェンサー紹介

 

スキル Edit

フェンサースキル概要 Edit

スキル取得例

※デュアルストライク、ダウンドライヴ、リバースキック、ペネトレイトスラストの取得を前提としている。
【射程】シャイニングクロス>エリアル>ペネ>各種ルーン>デュアル≧フィニ>フラッシュ>DD>ラピッド>通常>リバース
【威力】フィニ>ラピッド>エリアル>フラッシュ>デュアル>ペネ>リバース>各種ルーン>シャイニングクロス≧通常>DD

  • フィニ + ルーン2種(瞬間火力重視)
    • 火力スキルとしてフィニッシュスラストLv3
    • 移動スキルとしてペネトレイトスラストLv3
    • 補助スキルとしてルーンLv3を2種類

    • スタンダードなスキル振り。
      ルーンに関しては自分に合ったものを選ぶといいが、よく使われるのはPw回復のウィガーと移動速度UPのアクセラ。
      • 利点:飛び込み用のペネ、瞬間火力のフィニ、中距離もこなせるルーンと一通り揃っており扱いやすい。
      • 欠点:エリアル、ラピッドがないため機動力が落ちる。特に鈍足が入っているとヲリと同じくスカフォがないと厳しい。
  • エリアル + ラピッド + ルーン2種(機動性重視)
    • 火力スキルとしてラピッドファンデヴLv3
    • 移動スキルとしてペネトレイトスラストLv3、エリアルフォールLv3、ラピッドファンデヴLv3
    • 補助スキルとしてルーンLv3を2種類

    • 瞬間火力重視からフィニとフラッシュを抜いて、エリアルとラピッドを入れたタイプ。
      機動性が最も高く、ラピッドを入れたことによって建築を殴れるようになっている。
      • 利点:鈍足状態でもエリアルでジャンプ、ラピッドで歩きの代用が可能。
      • 欠点:フィニを抜いたため「瞬間」火力が低下。
        フラッシュもないので主にヲリ・セスと向き合う際はフェイントを絡めないとダメージ負けしやすい。
  • ルーン3種(補助重視)
    • フィニを取らず、ルーン3種を取得した型。
    • ハイパワポ必須
    • ルーンの手数を増やし、自己強化をしながら相手を削り殺す型。
    • この場合フィニは取れないがフラッシュ、エリアル、ラピッドのうち1つが取得可能。
      エリアル、ラピッドを選んだ場合はスキルポイントの都合上Lv34で完成する。
      オプティン以外のルーンを取得し、ラピッドを取得すると手数と火力が安定しやすい。
      • 利点:硬直を晒しにくい複数ルーンで生存力を高めやすい。
      • 欠点:火力に乏しい。特にラピッド以外を取得した場合はその分ルーンで削らないといけない。
  • ルーン切り
    • 敢えてルーンスキルを切り、剣術のみに頼るスキル振り。趣味に近いが実用性皆無というわけではない。
    • 遠隔攻撃手段としてシャイニングクロス3レベルは残して置いた方が戦術幅は広がる。
    • エリアルやフィニを用いて、味方片手や氷皿の足止めに確実に追撃していきたい。
 

スキルツリー Edit

■スキルポイント取得量■
 LV 1 〜 5 : 2ポイント
 LV 6 〜 35 : 1ポイント
 LV36 〜 40 : 無し
よって合計40ポイントを振り分けることになります。

基本攻撃

デュアルストライク[2/1/1]┬→フラッシュスティンガー[3/2/1]┬→フィニッシュスラスト[2/1/1]・・・<18>
             └→ダウンドライヴ[2/1/1]    ┘
             └→シャイニングクロス[2/1/1]┬→オブテインプロテクト[1/1/2]・・・<12>
                            └→イレイスマジック[1/1/2]
                            └→アクセラレーション[1/1/2]
                            └→ヴィガーエイド[1/1/2]

リバースキック[2/1/1]―→ペネトレイトスラスト[1/2/3]┬→エリアルフォール[3/1/1]・・・<15>
                          └→ラピットファンデヴ[3/1/1]・・・<15>
 

スキル一覧 Edit

基本攻撃.PNG 基本攻撃 Edit

  • 通常攻撃
     
    Lv1
    攻撃力100
     
  • 補足
    • 発生遅めで、隙もそれなり。 但しPw消費18以下で出せるスキルがリバースキックとラピッド(1段)なので、少ないPwでの立ち回りでは考慮に入れる価値もある。
       

デュアルストライク.jpg デュアルストライク Edit

  • 2連続で突き攻撃を行うシンプルな攻撃。
  • 貫通効果付き。
  • 短射程(約2〜2.5歩分)の飛び道具のイメージで、判定の横範囲はやや狭い。
  • 追加入力でスキル使用後にタンブル(後方宙返り)が使用できる。
    タンブル操作入力時の画面視点で真後ろに宙返りする。デュアルストライク発動直後に視点を回すことにより、
    「スキルを放った方向の真後ろ」以外へタンブル移動することが可能。他のスキルではタンブルの方向は変えられない。
  • フラッシュスティンガーより射程が少し長い。エクステンブレイドと同じくらいの射程。
     
    Lv123
    消費SP211 
    攻撃力95*2110*2125*2
    消費Pow202020
    タンブル可能
     
  • 補足
    • フェンサーの基本となるスキル。ダメージは1発あたり90〜100程度。
    • 発生が早く、射程もそこそこ、低燃費、タンブルの方向も調整できて貫通付き。
      ただし被せ厳禁。はっきり言って追撃するスキルではない。
    • 用途は1Hitで落ちる瀕死のキル取り、射程を活かしての削り。
      射程とタンブルを活かして「自身が被弾しない」ためのスキル。
      最大射程以外で使うと反撃をもらいやすい為ほかのスキルを撃つなり距離を取るなりした方がいい。
    • 短剣スカウト相手にはブレイクの距離外からデュアルを連発するだけでほぼ一方的に完封できる。
    • 1段目と2段目でわずかに射程が違う。2段目がわずかに長く、静止中の敵に最大射程で当てようとするとカス当たりを起こす。
    • スキル使用後のタンブルを下り坂や崖で使用するとかなりの距離を移動するため反撃を受けにくい。
    • 修正内容
      • 2013/12/09アップデートにてヒット中の被りタイミング減少。
      • 2014/07/22アップデートにて威力減少(Lv3:140→135)、タンブルの硬直増加。
      • 2015/04/01アップデートにてタンブル使用時の位置ズレ修正。
      • 2015/12/16アップデートにて威力減少(Lv3:135→125)。
         

ダウンドライヴ.PNG ダウンドライヴ Edit

  • 相手を(特殊な状態にして)転倒させる(対人専用)。
    Lv1:召喚を含んだエンダーペインのない相手を転倒させる。
    Lv2:エンダーペイン状態のウォリアーも転倒させられる。
    Lv3:転倒中、1度だけ追撃が出来るようになり、追撃が行われた相手は吹き飛ぶ。
     
    Lv123
    消費SP211
    攻撃力505050
    消費Pow262626
     
  • 補足
    • 通称DD。フェンサースキルで一番使いどころを選ぶスキル。
    • Lv3必須。ダウンドライヴがヒットし相手が転ぶと一度だけ追撃が可能。
      追撃を行うと追撃した方向に吹き飛ぶ。
    • 主な用途は撤退時の足止めやエンダー職へ安定した追撃をするための攻め要素。
      一番輝くのはタイマンなどの横槍がない場面。
    • 主戦では使うことはほぼない。別のスキルを撃とう。
      追撃して吹き飛ぶと相手は起き上がり直後まで無敵になるため、いろんなスキルが飛び交う主戦ではおすすめしない。
    • 相手を転ばせ、起き上がる直前に追撃をすると吹き飛ばなくなる。
      これを利用して片手ヲリのバッシュやセスのアースバインドを当てて攻め継続が可能だが、できなければマイナスなのでやめておこう。
    • 敵建築に判定を吸われやすい。
    • 敵のATや敵キプの炎弾も追撃扱いになる。一見追撃されてないように見えるが実際には追撃済みなので注意。
    • 修正内容
      • 09/06/29のアップデートにてコンボ発生タイミング調整、消費Pow増加。

フラッシュスティンガー.PNG フラッシュスティンガー Edit

  • 最大3Hitの多段攻撃。発生はフェンサースキルらしく早め。
  • スキルLv2から強制仰け反り効果が付く。
  • Lv3で硬直時間が若干減少
  • 1キャラ分程度横や後方にいる相手にもヒットする。
  • エフェクトが変わらないだけで上下の撃ち分けは可能。
  • 相手は3ヒットする間にステップで転倒することが可能。
     
    Lv123
    消費SP321
    攻撃力90*390*390*3
    消費Pow303030
     
  • 補足
    • 主な用途は、射程の長さと強制仰け反りを活かした牽制。ほとんどの近距離職に有効。
    • ヒット判定の広がりが非常に速く、対人で使用した場合複数のプレイヤーに当たりやすい。
    • 攻撃範囲が他職の近接系スキルと比べても若干広いため、敵建築物や柵などに攻撃判定を消されやすい。
      建築物の近くにいる敵や、自分が建築物のそばにいる場合にはまずヒットしない。
    • エンダーペイン効果を無視するので、その効果を持つ移動効果のあるスキルやジャンプ等も叩き落せる。
    • 対両手・大剣の場合、スマッシュ間合いまで近づかなければフラッシュ連射で一方的に攻撃を潰せる。
      片手や短スカに連射すると相打ちで攻撃を入れられるので、一度当てたら回避行動をとった方が良い。
    • 非常に強力な半面消費Powが多いため、こればかり連発しているとすぐにPow切れになり逆に手痛い反撃をもらうので頼り過ぎないこと。
    • 互いのエンチャの数値にも因るが片手以外には大よそ70〜90前後×3と侮れないダメージを与えられる。
    • 1発当たりの被り判定時間は短いが、威力は大きくなく、結局は多段スキルで味方のスキルを消してしまいやすいため、味方が狙いやすい敵や氷スタンには使用を控えるべき。
    • ステップ連打で近づいてくる敵には決して使わない事、転倒無敵を有利に使われてしまう。
    • 修正内容
      • 2013/12/09アップデートにてヒット中の被りタイミング減少。
         

フィニッシュスラスト.PNG フィニッシュスラスト Edit

  • 取得条件:ダウンドライヴLv3+フラッシュスティンガーLv3の習得
  • スキル発動から硬直終了まで仰け反り耐性あり。(エンダーペイン効果)
  • フェンサーの瞬間火力スキル。
     
  • スキルレベル別
    • LV1
      • スキル使用と同時に攻撃
      • 射程は約2歩分
    • LV2
      • 射程は約2.5歩分
    • LV3
      • 貫通攻撃追加
      • 射程は約3歩分
 
Lv123
消費SP211
攻撃力240350460
消費Pow505050
 
  • 補足
    • 前方に向けて強力な一突きを放つ。Lv3は貫通効果付き。
    • 2015/12/16のアップデート前まではチャージ型のスキルだったが、アップデート後は即座に撃てるスキルになった。
    • 大剣ウォリアーのエクステンブレイドより僅かに長い射程を有す。
      判定も左右に2キャラ分存在し、真後ろと真横にも2キャラ分判定がある。長方形型の範囲と言った方がわかりやすいか。
    • フェンサーのスキルで最高威力を誇るが、刺突剣自体の攻撃力により期待するほどのダメージは出せない。
      大剣ウォリアーに撃った場合は実質280ほどのダメージ。
      それでも馬鹿にできない威力だが消費Pwと硬直が大きく、キルができない場面では裏目に出てしまう。
    • 主な用途はデュアルなどで仕留められない敵のキル、バッシュ周りでの巻き込み
      バッシュが入った敵単体に撃つよりも、フォローしにくる敵を複数巻き込んだ方が有効。
      バッシュが入った敵は火力ヲリに任せよう。
    • 自身の硬直も長いが敵の仰け反り時間も長い。
      味方がいる場合はその仰け反りを共有して連携しよう。
    • 修正内容
      • 2013/11/11の大型アップデートにて単発式からチャージ式に変更。
        消費Pw40、威力500(変更なし)。射程増加、Lv3で強制仰け反り、貫通効果追加。
      • 2013/12/09のアップデートにてチャージ速度上昇。Lv3の強制仰け反り効果削除。
      • 2014/08/18のアップデートにてLv3の射程が若干増加、硬直減少。
      • 2015/12/16のアップデートにてチャージ削除、消費Pw上昇(40→50)、威力低下(Lv3:500→460)、硬直増加。
         

シャイニングクロス.jpg シャイニングクロス Edit

  • 素早い剣撃で衝撃波を発生させ、直線上のすべての敵を貫く。
  • LV3での射程は約5〜5.5歩
     
    Lv123
    消費SP211
    攻撃力8090100
    消費Pow282624
     
  • 補足
    • ダメージは80ほどと低い。 ルーン習得後は出番が少なくなるスキルと言える。
    • ウォリアーのフォースインパクトとほぼ同じ射程、Pw、威力。
    • ルーン切りの場合はこのスキルが唯一の中距離スキルになる。
       

オブティンプロテクト.jpg オブティンプロテクト Edit

  • 対象を刻印状態にし、耐性増加の効果を得る。
  • 刻印された敵を攻撃した味方も同様の効果を得る。
  • レベルが上がると消費パワーが減少し射程が伸びる。
  • ダメージ被りなし。
     
    Lv123
    消費SP112
    攻撃力135135135
    消費Pow282825
    耐性増加+60+60+60
    効果時間7.5s7.5s7.5s
    刻印状態15s15s15s
     
  • 補足
    • ルーンスキルすべての共通点
      • ダメージはおよそ100。
      • レベル2での射程は約3歩。レベル3で約4歩。
      • 短剣のブレイクスキルのように射程と発生の差はない。
      • 被せることはないが、被せられてルーンが消滅することはある。
      • ルーンは自身だけでなく、他の味方が追撃することで同じ恩恵が受けられる。
        だが、意思疎通してない限り味方がルーンを考慮することはほぼない。
      • 敵スカウトに当てることでハイド中もエフェクトが出るため暴きやすい。

  • ルーンの効果を受けると、耐性が+60。
  • 自身の場合は耐性が180になり、GRFなし片手(耐性:168)より高くなる。
  • すべての攻撃に対し有効なので汎用性が高そうに見るが、主戦でルーンを撒いても味方が意識してることは少ない。
  • 自身に付与してもフェンサー自体が回避重視なので他のルーンの優先度が高くなってしまう。
  • 逆に少数で付与しても基本的に被弾を避ける動きなので微妙になってしがいがち。
  • 修正内容
    • 2013/12/09アップデートにてルーン状態の敵に味方が追撃した際、スコアボーナスが加算されるよう変更。
    • 2015/06/17アップデートにて敵にルーンの付与が成功した際のスコアボーナスが増加。
    • 2015/12/16アップデートにて硬直増加。
       

アクセラレーション.jpg アクセラレーション Edit

  • 対象を刻印状態にし、移動速度増加の効果を得る。
  • 刻印された敵を攻撃した味方も同様の効果を得る。
  • レベルが上がると消費パワーが減少し射程が伸びる。
  • ダメージ被りなし。
     
    Lv123
    消費SP112
    攻撃力135135135
    消費Pow282825
    移動速度+50%+50%+50%
    効果時間5s5s5s
    刻印状態15s15s15s
     
  • 補足
    • 5秒間移動速度が1.5倍になるルーン。
    • 鈍足中はルーンの効果を受けることができない。また、鈍足を受けると効果が消える。
    • 攻めにも逃げにも使えるルーン。主に逃げの場面で輝く。
    • 追いかけてきた敵に逃げ撃ちをすることで生存率が上がりやすい。
    • 修正内容
      • 2013/12/09アップデートにてルーン状態の敵に味方が追撃した際、スコアボーナスが加算されるよう変更。
      • 2015/06/17アップデートにて敵にルーンの付与が成功した際のスコアボーナスが増加。
      • 2015/12/16アップデートにて硬直増加。
         

ウィガーエイド.jpg ヴィガーエイド Edit

  • 対象を刻印状態にし、一定時間Pwの自然回復量が増加する。
  • 刻印された敵を攻撃した味方も同様の効果を得る。
  • レベルが上がると消費パワーが減少し射程が伸びる。
  • ダメージ被りなし。
     
    Lv123
    消費SP112  
    攻撃力135135135
    消費Pow282825
    Pow回復5*7/1s毎5*7/1s毎5*7/1s毎
    刻印状態15s15s15s
     
  • 補足
    • パワーポット系アイテムと併用すればPowが早く回復することにより手数を更に増やせる。
    • リジェネレート系を併用していてもちゃんと別枠でPwが回復する。
    • 場合によるがスタンした敵の初弾にヴィガーを1発入れておくと追撃する味方全体に効果が付いてカウンターしやすくなる。
      ダメージ被り無しなのでとりあえず1発入れておくと良い。
    • どの場面でも使えるためルーン系の中では使いやすいスキル。
      味方への恩恵とルーンの中では頭抜けて汎用性が高くルーンに迷った場合はこれを取っておけば間違いが無い。
    • 修正内容
      • 2013/12/09アップデートにてルーン状態の敵に味方が追撃した際、スコアボーナスが加算されるよう変更。
      • 2015/06/17アップデートにて敵にルーンの付与が成功した際のスコアボーナスが増加。
      • 2015/12/16アップデートにて硬直増加。
         

イレイスマジック.jpg イレイスマジック Edit

  • 対象を刻印状態にし、一度だけ魔法攻撃から身を守る効果を得る。
  • 刻印された敵を攻撃した味方も同様の効果を得る。
  • レベルが上がると消費パワーが減少し射程が伸びる。
  • 効果時間はLv関係無しで7.5秒間。
  • ダメージ被りなし。
     
    Lv123
    消費SP112
    攻撃力135135135
    消費Pow333330
    魔法無効1回1回1回
    効果時間7.5s7.5s7.5s
    刻印状態15s15s15s
     
  • 補足
    • 魔法判定の攻撃を1度だけ無効化。
    • 無効化となるスキル
      • ソーサラーの攻撃すべて。(ジャッジメントレイに関しては1段目のみ)
      • レイスのアイスバインド
      • キマイラのブリザードブレス、ライトニングブレス、フレイムブレス、ファイナルバースト(波状部分のみ)
      • ドラゴンのファイアボール
      • スカルドラゴンのカースドブレス

  • 基本ソーサラーにしか効果がないが、戦争において腐ることはほぼない。
    • ソーサラーの人口が多い場合は主戦でヴィガー以上に使えるルーンと化す。
    • 僻地ではソーサラーがいなければ使うことはないが、逆にソーサラーがいれば主戦以上に輝く。
  • ペネ→イレイスは確定ではないので注意。ウェイブが間に合う。
    • 逆にイレイス→ペネが安定。
    • ただし盾皿に対してはレディアントシールドに当たった時点でイレイスが切れるのでデュアル射程で戦うのが吉。
  • 欠点は消費Pwが30ということ。
    • イレイスを取得する場合はヴィガーも取得しておくと欠点を補いつつ僻地でも代用が利く。
  • 修正内容
    • 2013/12/09アップデートにてルーン状態の敵に味方が追撃した際、スコアボーナスが加算されるよう変更。
    • 2014/07/22アップデートにて効果時間増加。(4秒→7.5秒)
    • 2015/06/17アップデートにて敵にルーンの付与が成功した際のスコアボーナスが増加。
    • 2015/12/16アップデートにて硬直増加。
       

リバースキック.jpg リバースキック Edit

  • 蹴りを放ち、前方を攻撃しつつ後退する。
  • 出かかりから上昇部分まで攻撃を受けても仰け反らない。(エンダーペイン効果)
 
Lv123
消費SP211
攻撃力150180210
消費Pow161616
 
  • 補足
    • 攻撃判定の持続が若干長く、消費Pwも少ないため連射が可能。
      逃げながら使うと追ってきた敵に対して連続でダメージを与えられる。
    • 飛び上がるため、ソーサラーの魔法など一部の攻撃を回避できる。(ルート中も可能)
      単発攻撃である上にリバースキック自体の威力もありトドメも刺しやすい。
    • 「後方へ下がりながら前方にキックを放つ」という特徴上、相手の突進スキルと交換orかわして攻撃がしやすい。
      ウォリアーのストライクスマッシュやスラムアタック、短剣スカウトのヴァイパーバイトなどに対して使えば一方的に攻撃をかわしてリバースキックを当てられる。
      フェンサーのペネトレイトスラストに対しても有効で、相手のペネトレイトが当たったとしてもリバースの威力の高さからほとんどダメージ交換になる。
    • ただしストスマやスラムに対してはリバースキックよりもそれらの突進技を回避後、スキル後の硬直にダウンドライヴを叩き込んだ方がいい。
    • 修正内容
      • 2014/07/22アップデートにて硬直増加。
      • 2015/12/16アップデートにて当たり判定時間の減少。
         

ペネトレイトスラスト.PNG ペネトレイトスラスト Edit

  • 取得条件:リバースキックLv3習得
  • 前方へ小ジャンプして切り込む突進技。
  • ターゲット指定型スキル。
  • ターゲットした対象のみ攻撃がヒットする。
  • 準備行動と飛行中の大部分は攻撃を受けても仰け反らない。(エンダーペイン効果)
  • スキル使用後にタンブル(後方宙返り)が使用できる。
 
Lv123
消費SP123
攻撃力190210235
消費Pow282828
タンブル可能
 
  • 補足
    • レベルアップで移動距離、射程が増加し、硬直は短くなる。
    • 主な用途は移動用、瀕死へのとどめ用。
    • ウォリアーのストスマとほぼ同じだが、ストスマと違い射程内であれば逃げる相手にヒットする。
      • ウォリアーのストライクスマッシュやスラムアタックと性質が異なり、地形に引っかかりやすい。
    • 移動速度が速く、仰け反らないため、囲まれたときの脱出にも有効。
      ただし移動開始までと移動直後の初速はさほど早くなく、ヘビスマが入る場合も多々ある。
    • 注意点
      • エンダーは着地後の硬直中に切れるので、エンダー職相手に使うと反撃で転倒しダメージ負けする。
      • 仰け反り職にヒットしても次のスキルは確定にならない。相手はステップで回避可能。
      • 短剣に対して使うと確定でアームブレイクが入る。
      • 皿に対して使うと確定でウェイブが入る。
    • 短剣に対しては最悪タンブルで回避できるが、他の相手の場合はタンブル硬直が確定で取られる。
    • 修正内容
      • 2014/08/18アップデートにて消費Pw増加(24→28)。
      • 2015/12/16アップデートにて威力減少(Lv3:270→235)、仰け反り時間減少、硬直増加、タンブルの距離減少、タンブルの硬直減少。
         

エリアルフォール.jpg エリアルフォール Edit

  • 空中に大きく飛び上がり、急降下しながら攻撃する。
  • 降下中は怯まないが、移動停止スキルや強制仰け反りで転倒する。
  • スキル使用後、さらに追加入力するとタンブルが使用できる。
  • 方向指定の範囲攻撃。
  • 射程は約3歩。
     
    Lv123
    消費SP311
    攻撃力220260290
    消費Pow252525
    タンブル可能
     
  • 補足
    • 攻撃範囲はやや狭い。しっかり狙わないと当たらない。
    • 用途は死角からの奇襲。鈍足時の撤退用など様々。
      • 相手の正面からは見てからでも回避されるため死角から撃つこと。
    • 他のスキルよりもダメージの発生時間が短いため(ヲリのスマッシュの1/4)、ダメージ被りを比較的起こしにくい。
    • 片手ウォリアーのシールドバッシュを食らう寸前にエリアル→タンブルで擬似エンダージャンプのようなことができる。
      これを利用すれば、ほぼノーダメージで1秒後スタン状態から復帰できる。タンブル中に攻撃を受けても転倒し無敵時間が得られるためお安いダメージで済む。
    • 上記のテクニックは少数戦でも主戦でも役立つため、覚えておくとデッドしにくくなるだろう。
    • ただし凍結や足止め状態中はエリアル自体は打てるがエリアルタンブルはできないため注意。
      その場合は素直にフラッシュやダウンドライヴを放った方が被害を抑えられるかも知れない。
    • 14/07/22のアップデートにより最大射程(飛び込み距離)が増加。そして攻撃範囲に魔方陣が出るようになったため、範囲がわかりやすくなり、これまでよりも使い勝手が増した。
    • 滞空時は若干の無敵時間、もしくはスキル射程外まで上昇による回避※ がある。
      氷皿のウェイブやヲリのクランブルを回避→そのまま落下して反撃、が可能。
      ※実際に無敵時間があるのか、単にウェイブ等が当たらない高度までジャンプしてるだけなのかは要検証。
    • 2015/12/16アップデートにて強制仰け反りが削除され、消費Pwが減少。
      これにより今までよりも被弾のリスクが上がった。集団に使う際は片手ウォリアーに注意したい。 威力、移動距離はそのままだが、タンブルの距離が短縮され、硬直も伸びている。 鈍足が入った際の移動手段としては今まで通り使えるが、攻めとして使う際には今までより慎重に使う必要がある。
    • 修正内容
      • 2013/12/09アップデートにて発生時間増加、タンブルの硬直減少。
      • 2014/07/22アップデートにて降下中のエンダー時間増加。
      • 2014/08/18アップデートにて移動距離増加、攻撃範囲に魔法陣追加。
      • 2015/12/16アップデートにてLv3の強制仰け反り削除、消費Pw減少(28→25)、タンブルの距離減少、タンブルの硬直増加。
         

ラピッドファンデヴ.jpg ラピッドファンデヴ Edit

  • 素早く踏み込んだ突きを放つ。追加入力するともう一度踏み込み突きを行う。
  • スキル使用後、さらに追加入力するとタンブルが使用できる。
  • タンブルの消費Powは0だが、Pow不足で2発目が打てない時には使用できない。
  • 連続使用しても、徒歩の時と最終的な移動速度は変わらない。ただしエンダー効果付き&鈍足効果を全く受けないメリットがある。
 
Lv123
消費SP311
攻撃力115125135
消費Pow101010
攻撃力 (2発目)175200225
消費Pow(2発目)14
タンブル可能
 
  • 補足
    • 主な用途は鈍足時の移動用、建築殴り、HP勝ちしてる場合の撃ち合いなど。
    • 追加入力時は、その時向いていた方向に向かって攻撃する。慣れれば往復するように1人のターゲットに対し2回斬りつけることも可能。2発HITで200前後のダメージ
    • 密集地帯では複数hitする場合もあるが、範囲攻撃ではない。
    • 素早くと説明文にあるもののかなりゆっくりとした動きなので見切られやすいが、消費Pow10という燃費の良さのため短スカにパワーブレイクを入れられても放てる数少ないスキル。
    • 刺突剣を前に突き出す挙動がペネトレイトスラストと似ているため、フェイントに使える。
    • 鈍足状態を無視した移動が可能なので、鈍足を貰った時や、グラビティフィールドの通過時の移動に利用できる。
      また、エンダーペイン効果が得られ、急加速・急停止な動きになるため、敵から逃げる時に使用すると、若干回避能力が上がる。
      これはペネトレイトスラストも同様。敵スカフォード等がある時はペネトレイト、ない時はラピッドと使い分けるといいだろう。
    • 修正内容
      • 2014/07/22アップデートにて2段目の威力上昇(Lv3:150→250)、消費Pw増加(12→14)
      • 2015/12/16アップデートにて威力減少(Lv3:1段目150→135、2段目250→225)、タンブルの硬直増加。
 

コメント Edit

編集に直接関係のない雑談・議論はここで行わないで下さい。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • イレイスで消せるスキル  リリス ジェラスフレイム、キルスクリーチ  ボルテックス イリーウェイブ、ヴェノムスキャッターの追加をしておいてほしい 何故かプロパイダがアクセス規制になってるから編集できないんだ。 -- 2018-12-22 (土) 02:42:16
  • 追いつかれるっていう表現からタイマンや中央とかの話してんのか?と思ってしまう。実際のところ主戦で一番脅威なのは遠距離から足止めしてくる皿なんだが。タイマンで相性悪いっていうなら知らんわな。 -- 2018-12-25 (火) 23:08:45
  • フィニッシュスラストの消費Pow50で笑う。デュアル連打するわw -- 2019-02-02 (土) 08:02:22
  • すごく今更ですが↑3のイレイス説明を本文に追記しておきました。検証ありがとうございました。 -- 2019-03-02 (土) 15:23:19
  • 笛で後ろにゆっくりバク転しつつ崖上にのぼってるの、どんなスキル使ってんの? -- 2019-05-02 (木) 22:58:18
  • ↑その笛♂キャラかな?だとしたら普通のジャンプです -- 2019-05-02 (木) 23:16:16
  • ↑そういえば♂だったかも。タンブルであがれるかと思ってた^^; どうもありがとう。 -- 2019-05-03 (金) 21:34:33
  • リバースキックの移動距離て1歩分位?ストスマ躱せずに相打ちになる・・・。 -- 2019-06-20 (木) 02:57:22
  • 昔は置いて下がれたけど今は確定で喰らうからダメージ与えながらコケる為のものだよ。記事更新されてないから勘違いしやすいけど -- 2019-10-17 (木) 00:54:56
  • wikiの更新が滞ってるからか、笛に限らず昔のスキル性能で強弱をイメージし弱体要望出す奴が居るのが困りもの。現時点でプレーしてない奴がスキルバランス調整に具体案出すなよと思う -- 2019-11-22 (金) 20:08:16
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS