前線とは Edit

自軍と敵軍がぶつかり合うラインのこと!

50人の歩兵は拠点から出発し、死に戻りの再出発も拠点からとなります。

拠点から離れれば離れるほど移動に時間がかかり、援軍も少なく、人数の維持が難しい!
敵軍の拠点に近づけば近づくほど敵の密度が増加する!

つまり。。。

2つの拠点の真ん中あたりが前線になりやすい!

ただし、歩兵力や人数差によって前後します。

前線.jpg

前線2.jpg 前線3.jpg

 

主戦とは Edit

このゲームは支配領域によるダメージがとても大きい!
少しでも領域を広げるためにはより遠くの領域を奪い取る必要があります。

そのため、

2つの拠点から最も遠い前線が主戦と呼ばれます。

ただし、拠点から遠い場所ほど援軍の到着に時間が掛かり、、、
敵軍の人数の変化に対応するのが難しい激戦区となります。

より遠くの激戦区で広い領域を守り抜くことが勝利へのカギとなります。

 

建築と前線 Edit

前線に近づくほど建築物は破壊されやすくなります。

オベリスクは折られたときの拠点ダメージが大きいので前線の手前に建てるようにしましょう。
前線のど真ん中や超えた先に建てると維持するのがとても困難になるどころか、、、
折られないように必死になるあまり自軍が集中し、他の前線の守りの人数不足の原因となります。

また、アロータワーについても折られると2キル程度のダメージとなりますから、建てる位置には注意しましょう。

攻めると攻め込まれるの法則 Edit

攻め込むのは一見すると有利に見えますが、実はリスクがとても大きいのです。

まずは、なぜ攻め込めるのか?について考えてみましょう。

1、力で上回る

2、人数が敵より多いだけ ←ほとんどがこれ!

3、釣り、ワナ、待ち伏せ

敵より味方が多くてもいいじゃないか! → いいえ、これが一番やってはいけないことです。

なぜなら? 50人対50人という上限があるから!

 人数が敵より多い = どこかで人数が足りない! 

あれ?いつもより前に攻め込めるな、と思ったら要注意! マップで人数差を確認し1〜3のどのパターンなのかを見極めましょう。

よし攻め込めるぞ!←これが一番危険なのです。

 

攻めると攻め込まれる.jpg      攻めると攻め込まれる2.jpg

 

ただし、敵側も一瞬でマップを移動することはできませんから、
短時間であれば人数差は問題となりません。

攻めるなら一瞬で終わらせて帰ること!

時間を掛けるとどうなるか?・・・マップを開いて確認してみましょう。
こちらも同じくらいの被害を受けてることがほとんどです。

その他のリスク Edit

  • 攻めすぎて前線が遠い!
    →死に戻りや援軍の移動に時間が掛かり、前線の人数が不利に
    →移動で時間を無駄にするとういことは50人が実質49人や48人とわずかに差が生じるということ
  • マップに映りにくい、ただし敵からはこちらの動きが丸見え
    →味方の人数が把握できない、敵との人数差が分からない
    →映らないから援軍が来ない
  • 拠点から離れすぎてピンチの時に戻る距離が長い!
    →攻めすぎるとキマイラの対応が難しくなる
    →攻めすぎると裏のオベリスクの守りが弱くなる
  • カウンターの火種となり得る
    →予想以上に味方が倒され援軍が来る前にそのまま攻め込まれる可能性も
    →クリスタルを掘るだけのプレイヤーを刺激してやる気を出させてしまう可能性も

コメント Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • リプレイ見てると前線の衝突・押し引き・歩兵の供給なんかがすごくよく分かるな -- 2016-01-22 (金) 08:54:39
  • リプレイ見ると攻めてるときは敵が反対側に流れてるだけというのが良く分かる、そして同じくらい攻め込まれる -- 2016-01-22 (金) 14:41:41
  • むしろ古参ほどこんなん考えずに脳死で歩兵戦だけしてる印象 -- 2016-01-22 (金) 15:57:15
  • その古参ってFEZ歴何年の人のこと言ってるの?FEZが既に荒れてる時期に始めた人だろそれ -- 2016-01-29 (金) 18:36:32
  • FEZ:RODの時代からやってる奴は古参だろ -- 2016-05-23 (月) 15:49:01
  • ROD時代からやってる人は脳死プレイなんてできないだろ・・・できないよね? -- 2016-06-25 (土) 19:57:23
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


    ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS